大黒屋のウエスタンユニオン海外送金サービスは安心の低価格!土日祝でもOK!スピーディーに送金、受取が可能です。

魅力的な料金体系!大黒屋がはじめた国際送金サービスはなんと990円(※)から送金することが可能!(※送金手数料は、送金金額により変動します。)

一攫千金のハナシ

「私は海外の官僚です。実はこの国のある場所に巨額の現金が隠されています。これを知っている者は私以外には存在しません。

そこであなたにご相談があります。私はこの国では名前が知られてしまっている上に、諸事情が絡んでいる関係で、その現金を取りに行くことが出来ずに困っています。

そこであなたに協力して頂きたいのです。一時的で結構ですので、あなたのお名前、ご住所、パスポートナンバー、銀行口座の情報を貸して頂けないでしょうか?勿論お礼はさせて頂きます。手数料として現金の25~50%をお支払い致します」。

官僚と名乗る人物から、突然このような内容のメールを受け取ったら、あなたはどうお感じになりますか?

 「一攫千金のチャンス!」と思われた方は要注意。これは、メールの送信者が自称ナイジェリア在住ということから、世界的に有名である「ナイジェリア詐欺」と呼ばれている詐欺行為なのです。

うっかり個人情報を提供してしまったがために、現金を受け取れるどころか、大きな金銭的なダメージを受ける場合もあり、また、とんでもない犯罪に巻き込まれてしまう危険性すら秘めているのです。

そもそも見ず知らずの他人が、なんの理由もなくあなたに大金を支払うはずがありません。メールの送信者は騙しのプロです。また、上記の手口はほんの一例にしか過ぎません。このようなメールを受け取ったら、即座に詐欺行為を疑う必要があります。

一攫千金詐欺

騙しのテクニックから身を守るには?

1.
まずは相手の身元を確認しましょう。身元不明の人物から持ちかけられた「一攫千金」の話は、まず詐欺だと考えて間違いはありません。
2.
正当な理由なく、むやみに他人に個人情報を提供する行為は危険です。保険証、銀行口座情報、クレジットカード番号などの漏えいは、犯罪に巻き込まれる第1歩であることを頭に入れておきましょう。
3.
送金サービスを利用し、現金の先払いを要求されたら、それは間違いなく詐欺です。実態の掴めない投資話に騙されてはいけません。
4.
詐欺犯罪に巻き込まれる危険性を感じた場合には、即座に現地の検事当局あるいは米国シークレットサービス(USSS)に連絡しましょう。
5.
もっともらしい「儲け話」には、安易に乗らないこと。その後のリスクを考えて行動しましょう。


ウエスタンユニオンでは、このような詐欺の手口からお客様をお守りするために、詐欺犯罪の横行を真剣に受け止め、あらゆる詐欺の手口に対する用心を積極的に呼び掛けております。

頻繁に見られる手口

詐欺でよく使われる手法を以下にまとめました。具体的な事例もご紹介しております。

お気軽にお電話ください。

お近くの大黒屋を検索!お気軽にお電話ください。大黒屋店舗検索

▲ページの先頭へ戻る