大黒屋ロゴ

ABOUT 大黒屋って?

売ることが仕事?

買うことが大事な仕事。

私たち大黒屋のビジネスの最大の特徴は、「商品を売る」以上に、「商品を買う」ことに最も力 を入れていること。チケットにしても、ブランド品にしても、販売するための「商品」がなけれ ば、ビジネスとして成り立たせることはできない。ある人にとっては必要がなくなったモノで も、別の誰かにとっては必要なモノかもしれない。
そのような商品を大黒屋を介して世の中に流通させることで、世のため、人のために貢献していくことができたら・・・。
ここが、「買取」に目をつけた大黒屋の原点である。

相場は読まない。相場は自分たちがつくるもの。

「安く買って、高く売る」、これが商売の基本。しかし安く買おうとすれば、お客様には逃げられるし、高く売ろうとすれば、やっぱりそれも逃げられる。
つまり、状況を判断しながら自分たちで適正価格=相場を設定し、市場をリードしていく必要がある。そのためには、今は何のブランドが人気なのか、これからどんなモノが流行るのか、為替はどうなのか、天気はどうなるのかなど、買取にしても、販売にしても、データに頼るのではなく、あらゆる条件を考慮した上で値段をつけていく必要があるのだ。
「ライバル店がいくらだったから、うちはこうしよう!」と世間の相場に合わせる方法では、常に後手となってしまって利益を生み出すことはできない。市場をリードすることこそが私たちの仕事なのだ。

最後に勝負を分けるのは価格以上に人の心。

大黒屋の店頭に並んでいる商品(ブランド品)には、その一つひとつにお客様の大切な思い出がある。
その想いを受け継ぎ、買い取らせていただくためには、単なる目利きの力だけでなく、「この人なら安心して品物を託せる」とお客様に信頼していただけるような接客対応が必要となる。
大黒屋では、全体の接客レベルを底上げする目的で、会社全体でロールプレイング大会(D-1グランプリ)も開催し、スキル以上に個人個人の人間力向上に力を入れている。