大黒屋ロゴ

ABOUT 大黒屋って?

大黒屋の事業の主役は誰かって?主人公は人であり、あなた。

大黒屋は超現場主義店舗を動かすのは自分。

店頭買取事業

モノとモノ、そして人と人との架け橋に。

チケット店 店舗を訪れたお客様と顔を合わせ、商品の査定を行うのが店頭買取だ。醍醐味は値付け。ビジネスである以上、もちろん利益を出さなくてはならない。しかし、それだけではお客様は付いてこない。お客様が商品にどれほどの想いを持っているのか、どのくらいの価格を見込んでいるのか…。直接尋ねることもあるが、お客様の雰囲気を読み取って、予想を立てることも多い。さまざまな条件のバランスを取って値付けをし、お客様の心からの笑顔が見られた瞬間が最高だ。
もちろん買取マニュアルはあるが、大黒屋ではそれと同じくらい「個」を重視している。マニュアルはマニュアル、それを踏まえてどうお客様と接するかは、社員に任されている。常連のお客様なら「最近どうですか?」という雑談から始め、初めて来店したお客様なら「なんでも話してくださいね」と緊張をほぐす。たとえその日は買取に至らなくても、大切なのは次にまた選んでもらえるか、だ。しっかりお客様と向き合っていれば、その姿勢は必ずお客様に伝わる。それが「また来ました」という魅力ある雰囲気づくりにつながるのだ。そうして買い取ったものは、また違うお客様へ手に取ってもらいたい。そうしてお客様の手から手へとモノが巡っていく…。 モノを通じて、人と人の架け橋になれるのが買取事業の醍醐味だ。

宅配買取事業

お客様とお会いしないからこそ、
ごまかしがきかない。本気の接客で勝負。

ヘッドセットの画像

チケット店 宅配買取は、電話・メール・LINEでの接客となる。お客様のところへ宅配キットを送り、返送していただいた商品を査定して、結果をお客様ご希望の連絡方法でお伝えする。最近は手軽なLINEでのやり取りが増えており、そうなると査定結果を文章だけでお伝えしなければならない。話せば簡単に伝わることも、文章だけではなかなか難しいこともある。どうすれば文章だけで細かなニュアンスまで伝えられるか、何年もかけて磨き上げてきたマニュアルはこの事業の要だ。
顔を合わせないからこそ、重要なのが接客だ。とにかく高く売りたい人、モノにまつわる話を聞いてほしい人、とりあえず価値が知りたい人…。お客様の要望はさまざま。だから、とにかくお客様の話に耳を傾ける。そこから、「こんな商品も売れるの?」と別の商品を持ち込んでくださることもあれば、「話を聞いてくれたから、あなたに売りたい」と言ってくださることだってある。買取金額ではなく、接客で当店を選んでくださるお客様もいるのだ。顔を合わせないからこそ、言葉や文章のすみずみまで気を配る。よりきめ細やかさが求められるのが宅配買取だ。

質事業

商品を一時的に預かり、代わりにお金を貸す質事業は、近頃20代からのニーズが高まっている。
「限定のTシャツが欲しいんだけど、給料日前だから」「帰りの電車賃が足りなくなっちゃって…」などといった気軽な理由で立ち寄るのだ。手元のスマートフォンを一旦預け、その日の午後に引き取りに来るという超短期の預かりも珍しくない。ちょっとした困りごとにも手を貸すことができるのが質事業だ。

出張買取事業

お客様の家へ足を運んで買い取りを行う。ずらりと並ぶバッグ、時計、ジュエリー、何百本ものワインなど、店舗では出会えないスケールの商品と出会えるのは出張買取ならではだ。会話の流れで、「じゃあこれも見てもらえる?」と、予定外の商品が出てくることも。お客様の家にお邪魔しているので、より早く、より適正な値付けは必須。加えて、予想外の事態に対応する柔軟さも必要だ。

オークション事業

2020年から始まった「時計」と「バッグ」のBtoB業者間オークション。
全国展開している大黒屋ならではの魅力的な商品が多数出品されている。それがDKオークションだ。

エントリーボタン